ショクダイオオコンニヤク

武田薬品の薬用植物園でショクダイオオコンニヤクが開花したと
言うことで見に行って来ました。国内で16例目、関西では初開花だそです。

黄緑から白っぽく包むように広がる部分は花ではなく仏炎苞(ぶつえんほう)
と云われる葉っぱ、水芭蕉と同じような形です。花は裂け目の中にあります。


ショクダイオオコンニヤク

 

下の写真は武田薬品が用意された写真、例年は花が咲くこと無く毎年左のように
伸びては枯れるを繰り返して来たそうです。開花1日目の写真が右側。
この時はかなり、近寄れない程の腐臭がしたそうです。ハエを呼び寄せ受粉を
成り立たせる植物の知恵のようです。

 

今日は3日目なので全く何の臭いも無かったです。
一般公開は明日まで、花の命は短いそうです。

 

ショクダイオオコンニヤク

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

.

最新の投稿

カテゴリー

コメント

サイト内検索

過去の投稿

京の住人たより

 

RSS