ずいき神輿

北野天満宮の瑞饋祭(ずいきまつり)の折に巡行するずいき神輿です。
この御興は、里芋の茎である芋苗(ずいき)で屋根を葺くことから
その名がありますが、その他にも柱、纓絡(ようらく)に至るまで、
野菜やゆば、麩等の乾物で飾り付けられます。


元々は氏子地域の人々が作物、草花を天神様にお供えし、五穀豊穣を
祈願したことがその始まりと伝わります。かつては八基もの神輿が
趣向を凝らし出来映えを競ったそうですが、今はこの西ノ京の神輿が
残るのみです。

 

明日の還幸祭に合わせて氏子地域を巡行します。

 

ずいき神輿

 

ずいき神輿

 

ずいき神輿

 

ずいき神輿

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

.

最新の投稿

カテゴリー

コメント

サイト内検索

過去の投稿

京の住人たより

 

RSS